NEW!新着情報

2020-08-25 00:00:00

9月 夏バテ&憂鬱注意報!

9月半ばにもなると気温が低下しはじめ、夏に冷たいものを摂りすぎていた人などは、食欲不振・胃腸障害など夏バテの症状が出やすくなります。

 

二十四節氣では「白露」と言い、体調管理では体表の皮膚や口から肛門までの内側の皮膚、つまり粘膜関係の症状に氣を付けます。

意識的に摂取するものとして、「山芋」がおすすめです。

滋養強壮/呼吸器系/下痢止め/お肌のひき締め/不眠症 などにもってこいですね。

 

また「唐辛子」は氣分を発散するのでこの時期特有の憂鬱になりやすい人におすすめです。

しかし、発汗し過ぎたり、炎症を悪化させる可能性もあるので粘膜系の弱い人は加減しましょう。

 

 

秋を迎えると人はセンチメンタルになる傾向があります。

過去にあった楽しい出来事や充実感を思い出し、仕事一辺倒の人は自分自身の人生を楽しむなどの「ゆとり」も持つように心掛けましょう(^^)

 

●8月中から予防の意識を持ちましょう!

 

・冷たいものの食べ過ぎ・飲み過ぎなどに注意