◎よもぎ蒸しのご案内

 

よもぎは日本ではあちこちに自生している薬草であり、日本人は昔からよもぎを餅にしたり天ぷらにして食べていますね。

 

よもぎ.jpg

 

 

西洋では“Artemisia”≪アートメジア≫といい、スペルからも解ると思いますがギリシア神話ではアルテミス、セレーネに関係しています。

ご存知の方はいらっしゃるかもしれませんがアルテミスは月の神様ですね。

 

ちなみにローマ神話では、ダイアナ、ルナ。

‘ルナ’ “Luna” は月のことで、現代英語でも“Lunatic”は‘狂った’などの意味を持ち、月の満ち欠けが人間の精神に強く影響することを示唆しています。

満月の夜は犯罪発生率が高いのも関係あるかもしれませんね。

 

そして古代エジプトでは、イシス が月の神様。

日本は?…にっぽん人だったら誰でも知ってますよね!??

 

 

話は逸れましたが…そう、昔からよもぎは 女性の月経の問題・婦人科系疾患に薬草として使われてきたのです。

浄化・浄血の意味合いもあり、

・月経痛 / 月経不順 / 不妊症 / 更年期障害

・解毒 / 貧血 / 冷え性

・女性のホルモンの変動にともない現れる精神や身体症状

に貢献します。

 

 

よもぎの葉には

ビタミンA、B1、B2、C、鉄、クロロフィル、カルシウムが多く含まれます。

 

とくにクロロフィルは抗菌作用や解毒作用があり、浄血や貧血によいです。

 

その他にも、胆汁の分泌を促進するので消化を助けるため、下痢や便秘など胃弱の体質に貢献します。

 

 

よもぎイラスト2.jpg  よもぎイラスト1.jpg