◎脳内バランスを整える【ブレインオン】のご案内

超高齢化社会を迎えようとしている日本。2025年には予備軍も含めると認知症患者数が国民の約1割という深刻なデータもあります。

 

BRAIN ON【ブレインオン】は聴くだけで脳内バランスを整え不眠症、ストレス解消など様々な効果が期待できます。

 

 

 

ブレインオン.png

 

【ブレインオン】のしくみ

 

脳波は、外部から持続的に、音や光、電氣的刺激などによって、一定の周波数の信号を受け取ると、入力された周波数に同調する性質があります。

「ブレインオン」により、人間の耳には聞こえない18000~20000ヘルツの高周波音源を用いて、左耳と右耳に先端特許技術であるピュアウェーブ(Pure Wave)音波が出力されます。このピュアウェーブ音波の周波数が、左耳と右耳で、アルファ波の周波数に匹敵する10ヘルツほど差があるために、脳内でアルファ波に相当する周波数の「うなり」を生じることになります。

この「うなり」の作用により、聴覚的な情報を統合する脳幹の神経核が共鳴し、特定の周波数を持った電氣的なパルスが生じます。その信号が、次に大脳皮質に送られて、大脳皮質が活性化されます。
結果として、アルファ波状態の脳波(9~11ヘルツ)が誘導されて、脳の基礎リズムと自律神経系の調整能力が最適な状態に保たれることになります。

従って「ブレインオン」は、耳に聞こえない音を利用して、アルファ波の脳波を誘導する装置であると言うことができます。

 

【ブレインオンの使い方と働き】

 

使い方は簡単!イヤホンで1時間以上聴くだけで脳内のアルファ波が誘導され、大脳皮質を活性化させ脳の基礎リズムと自律神経系の調整能力を最適化してくれます。

使用中でも外部の音は同じように聞こえるのでいつでも使用でき、会話も可能です。

ブレインオンの働きは精神的なストレスの緩和に期待が持てるほか、集中力や発想力を上げ、身体の免疫力も高める期待が持てます。副作用や不快感もなく、ご年配の方でも、受験勉強に集中したいお子様でも安心してお使いいただけます。

 

 

【ブレインオン】のFDA認可事項

 

ブレインオンは、FDA (米国食品医薬品局)に おいて下記事項が認可されました。

※FDA認可の事実に基づくものであり日本国内では健康器具としての位置づけとなります。

 

ブレイン②.png

 

【アメリカ・韓国で医療認可】

 

FDA(米国食品医薬品局)認可

FDA(米国食品医薬品局)にて医療機器が安全で衛生的であり, 効果的であることを確認し、世界的に最も厳格かつ徹底的な的な検証を介してのみ 販売承認を決定される登録及び認証で世界で最も取得困難な認証制度。慎重に市販承認を決定する機関。

 

ブレイン③.png

 

・欧州でCE医療機器クラスⅡ認証取得

 

・韓国KFDAで医療機器として認可取得

 

 

 

 【研究機関の臨床試験結果】

 

ブレイン④.png

 

増加が見られたところ

 

脳リズム指数(BRQ)     ……10.7% 

注意指数(ATQ)     …………90% 

アンチストレス指数(SQ)……60.3% 

自己制御指数(SRQ)   ……34% 

感情指数(EQ)     ………11.1% 

休息度        ………11.8% 

注意度        ………29.4% 

集中度         ………30% 

脳コンディション    ………22% 

 

 

 

減少が見られたところ

 

緊張の度合い   ……72.9% 

氣分転換の度合い    ……49.3% 

身体的なストレス ……72.9% 

精神的なストレス ……49.3%